2014年10月2日(第二部) 愛着あふれる姿

手縫い前の蝶番のレザーブックカバー

手縫い前の蝶番のレザーブックカバー

さあ姿を現しました。
この形、何度作ってもワクワクします。
オーダー品の “蝶番のレザーブックカバー” ですねー。

大好きなイメージを形にしたら、認めてくれる方が現れて。
それから繰り返し作って…そりゃね、愛着もひとしおです。
ちょっとした奇跡かも知れないと思っているんですよ。
どこの馬の骨かが作った風変りなブックカバー。
世界に一つと言われても「よし買った!」とは、さてなりましょうか。

ノートカバーにしてるってお客さまもおりまして。文庫本サイズのノートが売ってるでしょう。それでね。
使い道はどうあれ、寄り添うようにお役にたてれば嬉しいです。

次は、外回りをヤスって面を出していきます。手縫いの準備です。

関連ページ


コメントを残す