2014年9月28日(第二部) レザーの下ごしらえに思うこと

レザーの床面(とこめん:裏側)

レザーの床面(とこめん:裏側)

牛革の後ろ側です。床(とこ)なんて呼びますよ。
血管の跡はありますが、すっごく繊維が整った美しいレザーです。

こちらは、オーダーメイドの蝶番のブックカバー作りの様子です。
下ごしらえでして、木槌でノミをトンテンカンテンやっております。

ひょっとしたら、どこかで同じ牛のお肉を食べているかも知れないなーなんて思います。
乳牛や肉牛の皮がなめされたものなので。
いえね、近頃は、魚は刺身の状態で泳いでると思ってる子がいると聞きまして。
流石にね、それはネタだと思うんですが。

でも、食べたり飲んだりはするけど、どんな命なのか知らないものは沢山あるでしょう。
私はいっぱいあるなぁ。
そんな中で、つながりを感じる自分なりの窓口かも知れないですね、レザーは。

さてさて、もうしばらく木槌を使います。

関連ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください