2014年9月25日(第二部) 冒険ふたたび

真鍮の板をリングに

真鍮の板をリングに

ありんこの引っ越しの季節なんですね。
窓を全開にして、ロー付けという溶接をしてますと、
恐れを知らぬ蟻たちが手元でブンブンしてまして…

融点が800℃くらいの三分銀ってので溶接しております。
真鍮の板を切って丸めて、リングに。

さてさて、腕時計の手作りの始まりはじまりです。
こちらはオーダー品。冒険の中に生きる方の腕時計なんですよー。
再制作ではありますが、何を作ってるかは内緒にしよっと。

ちなみに、指三本立てたシールのケースが写ってるでしょ。
三分銀の粒が入ってるよっていう印でーす。
そしてこの先は、より融点が低い銀を使って溶接するってスンポーですぞ。

そうそう、不思議なもので灼熱に飛び込むありんこはいませんでしたね。
アブナイってわかるんでしょうかね。

関連ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください