2014年9月18日 本日は裏地を貼り付けて参りまーす

ピッグスキンの裏地を貼った様子

ピッグスキンの裏地を貼った様子

「丁寧に説明してるようで、肝心なとこの造り方が分からない」
…というご意見をいただきまして。昨日ね。
そんなわけで、今日は特に料理番組風にご紹介したいと思いまーす。

さて、ブックカバーに裏地を貼って参りましょう。
まずは、接着剤を水で薄めまして。
乾くとくっつかなくなるタイプなので、そうして時間を稼ぎます。
接着面が広めですからねー。
お好み焼き番町と呼ばれるくらいの疾風のヘラさばきの方でしたら、濃いままでも大丈夫だと思いまーす。

裏地もね、ひとつながりのレザーを左右に切り分けたように貼りまして。
よく見ると、繊維の流れがつながっているのが分かりやす。上下間違えたりしないようご注意です。

それから、本体と裏地の両方に接着剤を塗りまして。
ピシャッと貼れば裏地の貼り付けが完了です。
表に縫い付けたエンブレムの跡も見当たらないでしょ。
これもね、よく見ると縫い糸の膨らみが分かるくらいです。

そうそう、接着剤に水を足してますので、乾くのはゆっくり待ちましょうね。

どうでしょね。
今日はかなり丁寧に作り方をご紹介できた気がしております。

関連ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください