2014年7月5日 とっても安い「革」製品についてちょっとだけ…

床革(とこがわ)による型作り

床革(とこがわ)による型作り

ビックリするほど安い靴や鞄はありゃしませんか。革なのに。
ちょっとだけヒント的なお話…

さて、手に持ってるのが、床革、とこがわです。
牛革の値段は、吟面の面積で決まります。厚みはほとんど関係ないです。
むしろ、一定の厚みにスキ加工する手間賃を取ったりもします。

すると、表面を切り取られたモノが残りますよね。これが床革。
専門店の隅っこで、すごーく安く売られてたりします。

捨てるのはもったいないですよね。
革っぽい雰囲気のビニールなんかを貼り付けてみたくなりますよね。やりませんけどね。
獣の臭いや裏面の様子では見分けがつきません。そこは本物だもの。

そんな床革、なぜ手にしているかと言いますとね。
名刺入れの膨らみを作る為の型を作ろうとしております。
いろいろ使い道がありまして。

関連ページ


コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.