2014年5月28日(第二部) ぷっくり加工の “型” のテスト

レザーに図柄を浮き上がらせるエンボス加工

レザーに図柄を浮き上がらせるエンボス加工

ぷっくりしました。レザー。

こちらは、絵を浮き上がらせるエンボス加工のテスト中ですよ。
オーダーメイドのタグキーホルダーです。

まず、たっぷり水をレザーに含ませ。
レザーの吟面を型に合わせ。
裏側からグッと押し込みます。
表がどうなってるか分かりません。
だから外枠も必要なんですねー、ずれないように。

ちょっと押しが甘いとこもありますけど…
なかなかなんじゃないですかね。どうでしょ。

押し込む道具も手作りで、かなり細めです。
でもまだ、もう一つ甘い…
細くし過ぎるとレザーに穴が開いたりするんですが、そこは自分の感覚を信じて。
本番では鉄鉛筆も使ってみようかと考え中です。

一部、型が壊れました。
本番は一回勝負のつもりで取り組まねば。
乾いたら、まず型の修理です。

関連ページ


コメントを残す