2014年4月28日 やってみなくちゃ分からないってことで

真鍮板と針金による本体

真鍮板と針金による本体

春の気温差からなのか、一週間前に急に具合が悪くなりまして。
その後は順調に治っておりますが、たまには良いですね。
思い出させてくれると言いますか。大切なこととか。

さてさて、“鍵” 作りについて。さっそく作り始めています。
真鍮の板と2本の針金をクルッと丸めて一つに溶接しております。ロウ付けというやり方です。
内径はちょうど60ミリほど。大きめの指輪くらいですね。

今回はね、道中で失敗もありそうなので。
どの辺りが難しいか知るのにも、こさえてみっぺということで。

えーと。それとね。
出掛けたりするときは、寒さ対策をお忘れなく。

関連ページ


コメントを残す