2014年4月19日 傷痕が語るもの

ベリーの表側

ベリーの表側

ようやく表。
今週は横とか裏とかのことばっかり言いましたね。
で、土曜日になってようやく表です。

加工途中のベリーの表を撮りました。
シワとか筋が多いですね~。ベリーの特徴です。
中でも特に目立つのは、右側の真ん中あたり。横一の字の跡は生きていた頃の傷ですね。
裏側から触るだけでも他との違いが分かる程です。
2ミリ厚にすいたレザーなので、深い傷だったのでしょうね。痛かったと思います。

そういうものを材料に使っていると思うと、いろいろと感じるところがあります。
それでね、こういうことを考えるときはいつも、ネイティブアメリカンが、鹿の腱をより合わせて糸を作っていたという話を思い出します。
大切にするとはどういうことか、とか。
カップ麺とかコンビニ弁当ばっかり食べてると、忘れそうになることに近いかなぁ。
そして、レザーの傷痕から感じることは、さて人それぞれで良いんだと思うんですよ。

関連ページ


コメントを残す