2014年4月17日 牛のお腹のレザーの続き

ベリーの裁断面の加工

ベリーの裁断面の加工

写真がね、もっとうまくなりたいな。
最近よく思います。

それはさておき、昨日の続きです。
毛羽立ちが多い牛のお腹のレザーの加工。ちなみにベリーと呼ばれる部位です。

一番上が、裁断して角を落としたもの。
真ん中は、切断面ヤスリを掛けて、アクリル溶剤を染み込ませて磨いたもの。
そして下のは、もう一度ヤスリを掛けて磨いたもの。

違い、伝わりますかねー。
うーん。分かりにくいかなぁ。

キメの細かい背中の部分のレザーだと、一回磨くだけで一番下のよりも綺麗に仕上がるんですよ。
能力の差といいますか、才能の差といいますか。

関連ページ


コメントを残す