2014年2月13日 (第二部) 命をありがたく使わせていただく一品

レザーの裏面を磨く(A5版 “黄丹” ブックカバー)

レザーの裏面を磨く(A5版 “黄丹” ブックカバー)

始まりました。
ブックカバー “黄丹(おうに)” のA5サイズバージョン作り。

足りなかったレザーが入りましてね~。
手ぐすね引いて待ってたコレ。

それで、裁断して、レザーの床(とこ:裏面)を磨いたとこです。とこだけに。
比べて見られるようにしたかったので、右の一枚だけは磨いてません。

なかなかキメの細かいレザーです。
牛の体では背中の部分なんですよねー。ベンズっていいます。
それでもね、血管や筋の後がチラホラあります。

このブックカバーの魅力は、ずばり素材そのものの味わいなんです。
レザーも糸も。
糸はアレですよ。草木染め作家さんによるものです。
なんていうのかな、命をありがたく使わせていただいた一品みたいなね。

なので、こっちは丁寧に優しく作るしか無いんです。

関連ページ


コメントを残す