2014年2月5日 デザイン決めの大詰め

デザインを決めるための複数の型紙

デザインを決めるための複数の型紙

さ~てっ、そろそろ大詰めになってまいりました。
オーダーメイドの手帳カバーのデザイン。

写ってるサイズ違いのポケットとかベルトの型紙は、片方しか使いません。
どっちが良いかなって決めるためのものなんです。
ここは、とっても大切なんですよ。

だってさ、レザーの裁断が始まると、変更がとっても難しくなるんです。
ちょっと長さを変えたいなーって思っても、レザーに付けた目印は消せませんし…
なので、慎重に丁寧にね、進めていきます。

人生でもね、結婚とか就職とか家を建てるって程の大ごとで無くってもさ。
一度決めて、とあるラインを超えると変えるのがすっごく難しいことってありますよね。
ランチの注文だって「もう作っちゃってるよー」って言われちゃうし。

ちょっと脱線しまして。それは置いておいて…
型紙が出来てくると、なんにも無かったときよりアイデアが浮かぶものでして。
そして、とっても楽しいひとときでもありまして。

関連ページ


コメントを残す