2014年1月30日 (第二部) 「…よいか、一本だけの矢はこのように簡単に…」

レザーの裁断面磨き(手作り腕時計のバンド作り)

レザーの裁断面磨き(手作り腕時計のバンド作り)

すごーく細いとこあるでしょ。
手に持ってるパーツで。
ここは、幅がたったの8.5ミリ。引きちぎれる幅です。

さて、こちらはオーダーの手作り腕時計のレザーバンドです。
切ったとこを磨き上げております。

そうそう。
レザーだけだとね、ちぎれちゃうんですが…
糸が強いんですよねー、糸が。マクラメ編みの先生に教えていただいた、ワックスコードです。

男の力でも、そうそう引きちぎれません。もちろん、私は無理でした。
その糸が、この細いとこを四本通ってます。シナジーですねー。四本の矢のお話みたいなもの。

「…よいか、一本だけの矢はこのように簡単に…」ってやつ。
まあね、私の場合は、一本だけでも引きちぎれないわけですけど。

関連ページ


コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.