2014年1月29日 (第二部) もし、身を守るものを作るとしたら…

腕時計のレザーバンドの縫い上がり

腕時計のレザーバンドの縫い上がり

腕時計のバンドに使う、三つのパーツが縫い上がりました。
まだ糸がついてますけど、糸止めすれば縫い上がり。

昨夜の内に接着しときまして。
十分に乾いてから、側面をヤスリ掛けての面出し、手縫いと進んでいます。

このパーツの分厚さ、手に持ってる感じで伝わるでしょうか。
腕時計のバンドとしては見かけない厚みじゃないですねー。縫ってる糸も太いです。直径1ミリのワックスコードです。

そして、それにしては細かく縫ってると感じませんか。
最初に設計したときに、その二つをバランスさせたいと思ったんですよねー。

もし、身を守るものを作るとしたら、こういう作りじゃありゃしませんかねっつって。

関連ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください