2014年1月23日 無理を通せば針も通します

ストッパーの手縫い(オーダーメイドのA4ノートカバー)

ストッパーの手縫い(オーダーメイドのA4ノートカバー)

一針ひとはり、先端をペンチで引き抜いて針を通すという作業が続いております。

これは、オーダーメイドのノートカバーですね。
重要な機能の一つで、A4レポート用紙の重さを支えるストッパーを縫い付けてます。
設計したときの高さは6ミリです。

普通じゃないですよ、コレ。
自分が作ったんじゃ無ければ、世の中には奇特な方もいるもんでって思っただろうなぁ。
個性をとことん尊重しようと思ったらこんなんなりまして。

1ミリ厚のレザーにそれぞれ縫い穴を開けて貼り合わせれば出来るんじゃない?って。まあね、計算上は。
7枚貼り合わせたときの高さは10ミリまで膨らみました。
それを、縫い締めたら6.1前後の高さにピシャッと決まりました。
本体の厚みと合わせて9ミリちょっと。

そもそも、縫い穴を開ける道具が、9ミリは貫通できませんからねー。
無理を通せば針も通しますよ。なんつって、上手いこといったでしょ。

ただ今、ストッパーの三分の一くらいを通過中でーす。

関連ページ


コメントを残す