2014年1月6日 やっぱオーダーメイドの出番なわけですよ

タテ型とヨコ型のノートを挟むノートカバーの試作

タテ型とヨコ型のノートを挟むノートカバーの試作

普通のノートとレポート用紙の二冊を挟みたいんです。一つのカバーに。
ノートを二冊っていうのはよくあるご希望ですが…
タテ型とヨコ型の組合わせというのは初めて。

確かに、ネットで調べても見当たりませんね。そういうの。
そうっ。一人の方だけの望みをかなえるには、やっぱオーダーメイドの出番なわけですよ。よきかなよきかな。

それで、紙で試作品を作っております。
夜中に悩んでいた背表紙についても、今日になったらパッとアイデア浮かびました。
「背を表にも裏にも曲げやすくするには…いつもやってんじゃん、長財布でっ」つって。

背表紙のとこ数センチだけ、表と裏から薄いレザーを使ってみようかと。
そして、その中は接着せずに、背表紙の周囲を縫えば…
曲げやすい、シワになりにくい “浮かせ貼り” と同じ効果が出るハズ。

「よっしゃーっ」つって内側はほぼ出来ました。
ほんの数ミリ調整したいとこはあるものの、おおむね良し。これなら提案できそう。

後は外側。
飾りポケットとかベルトはどうしようかなーっと。

関連ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください