2013年5月27日 溶接の手を止めて、時にはゆっくりお菓子でも

溶接の手を止めて…

溶接の手を止めて…

ぼんやりとしたイメージを手掛かりに、腕時計のパーツを溶接していました。
「そっちじゃないよ」という声が聞こえたような気がして、ゆっくりお菓子でもいただくことにしました。

思い出すと、これまでいい加減なことをたくさんしてきたものです。
迷いながらでも、手ごたえが無くても、もっとも酷い時は自分が好きになれないものでも、間に合わせのために。

別にそれが悪いとは言いません。
人生にも仕事にも、むしろ、そういう時が続くこともあるでしょう。守るものもあります。

しかしながら、あまりにもそういうことを続け過ぎてしまうと、ほんの少しずつ、道を忘れることがあるかも知れません。

関連ページ


コメントを残す