2013年4月7日 遭難したら明りを消してみると良いらしい

満開の桜と嵐の烏が森

満開の桜と嵐の烏が森

百鬼夜行も現れる妖しい風と空。
満開の桜がただならない雰囲気に彩りを添える烏が森です。

誰から聞いた話か…
もし遭難したら、明りを消すとよいらしいですね。
ただでさえ闇の中で恐ろしいのに、なかなか、難しそうですが。
あちらこちら振りかざしては度を失っている明りを消して、目が慣れてくると、遠い街だか暗い星だかの灯りに気付くことがあるとかないとか。

今日び、そうそう遭難することも、無いでしょうけど。
夕方になって、晴れて来ましたね。

関連ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください